Saturday, February 25, 2006

[News] フジのカーリング批判のコラムは削除されたらしいよ。なんだかなー

 トリノオリンピックも終盤。荒川選手のイナバウアーのおかげ(?)で、日本のメダルゼロの危機も免れた。どうでもいいけど「免れた」って「まぬかれた」「まぬがれた」どっちが正しいんだっけ?中学の頃は「まぬかれた」が正しいと教えられたのだけど。漢字変換はどっちでもできるけど。googleだと「まぬかれる の検索結果のうち 日本語のページ 約 616 件」「まぬがれる の検索結果のうち 日本語のページ 約 18,600 件」なので「まぬがれた」?ちなみに「免れる」の語源が「間抜かれる」だから「まぬかれる」って思ってたり、日本国憲法の前文「〜われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する〜」だから「か」だと教えられた気もする。しかし最近はNHKでも「が」って言ってる気もするし、普通の人は「が」が主流だろうし、「か」でも「が」どっちでもいいんだろう。アクセント辞書やら調べたりすれば色々ありそうだが、めんどくさいので、漢字で書いてしまえば同じだし、好きな方で読んでくださいw

 で、日本代表としてメダルゼロを回避できたと同時に、フィギュア界としても浅田真央を送り込まなくても金メダルが取れたし、めでたしめでたしと言う感じである。しかしまだ終盤。締めは今日である。もう記憶の彼方に忘れ去られただろう、ビッグマウス日本代表の3人目が今日登場する。すでに大回転ではぶっこけたが、今日の回転は得意種目。どうなることやら。

 このトリノではマスコミも含め、アテネばりのメダルの期待が大きすぎたことが印象的であった。そしてそれに煽られて(?)それを煽って(?)、ビッグマウスをたたき、上げ潮にのっていると思ったら、見事に雪面に叩き付けられた感があった。そういえば、最近、日本のスポーツ界では「有言実行」「ビッグマウス」が流行な気がする。「亀田三兄弟」や「山本KID徳郁」(微妙なとこだけど)などの格闘家とかをはじめとして、その自信満々な発言を含めてマスコミによく取り上げられたり、人気があったりする。しかしこうなってくると、日本人の美徳は「謙虚」と言っていたのは、もう一昔前の話かもしれない。「謙虚」だけではこの二極化しつつある日本社会では勝ち残れない。しっかりとした目標やしっかりしたビジョンをもち、そして自分の技術に裏打ちされた自信を持っていかなくては…というような危機感がどこかしらあるのかもしれない。

 しかし「ビッグマウス」よりも荒川選手の「無欲で…」とかのコメントを聞くと、この謙虚さが好印象だなぁと思ってしまうのは、日本人の性(さが)なのかと思う。とはいえ、彼女の演技の後半のこぼれる笑みには、なみなみならぬ自信が溢れていた気もするけど。やはりその自信を持ちながらも謙虚であるってことが「おとなの余裕」ということなのか。

 もうひとつ、やはり日本のスポーツ界の環境の悪さが目についた。(以前のエントリーでも言及したので、詳しくはそっちで。)とはいえ、飽きっぽい日本人は、あれだけ燃えた(萌えた?)カーリングでも、もう興味は薄れてきてしまうだろう。今はマスコミで取り上げられまくっているフィギュアでも4年に一度のいつものブームで終わっていくだろう。メダルのなかったジャンプやモーグルは既に影が薄くなってきている。そんな中でウィンタースポーツを取り巻く環境の改善を模索することは非常に困難だろう。しかしぜひ、まずはバンクーバーに向けて底辺拡大に力を入れてほしいものだ。

Friday, February 24, 2006

[News] 免許更新

 なんだかんだ言って2回目の運転免許更新です。残念ながらゴールドにはならず、青のまま。免許更新センターに早めに着いたため免許を手に入れたのは優良(ゴールド)の人と同じくらい。今回も無駄に待たされて、免許センターの人々の怠慢さをこのエントリーで愚痴ろうとかと思ってたのだけど、期待はずれ。まぁ個人的には許せる範囲か。

 しかしひとつだけ気がついたことが…。後期高齢者かと思われるおじいちゃんが更新にきていたのだが、ちょっぴり健忘(?)がありそうな人がいた。高齢者は免許を取るなとか、車運転するな、とは言わないが、あの人が運転しているかと思うと少し不安になった。確かに70歳以上であれば、免許時の講習が3時間あり、3〜4年の有効期間と区別されている。これはどうなのかとも思う。今後高齢者が増え、車を運転し続ける人は増えるだろう。いろんな高齢者ーー元気な方もいれば、少しボケ気味な人もいる、が運転を続けるようになる。そのとき3年の更新でいいのだろうか?認知症だけに限っても、3年では大きく変化することは大いに考えられることである。警視庁は今年から認知症検査の導入の義務付けを発表したが、3年間その人が認知症ではないことは誰も保証できない。

 やはり高齢者、70歳以上は1年ごとの免許更新がいいのではないと思う。そうなると免許センターは混むことは間違いない。ならば、一般者や優良者は5年ごとの更新を延長することも考えるべきである。今のように仕事がなく、平日にも半日潰されても大丈夫な人にはいいが、仕事がある人に取って免許更新は負担である。もっと減らしても何も問題はないはず。実際少しずつ改正されており、現実に即したようになってきていることは認めたい。講習のビデオも、何故か片山右京がでてくるように、ちょっとは飽きさせない工夫をしている努力も認める。平日であれば、すんなり更新できるようになっているのも感じは良かった。しかし極論を行ってしまえば、違反がなければわざわざ免許センターまでいって更新しなくてもよくならないか。地元との警察署に必要書類を提出、後日郵送でもいいんじゃないかと…。

 そういえば、講習で初めて知った。6月より駐禁を取り締まることを民間委託できるようになる。ついでにチョーク引き→ステッカーがなくなり、一発ステッカーというようになるらしい。ノルマ達成のためとか、交通量の極端に少ないところでの取り締まりとか、見せしめの取り締まりとかはやめて、明らかに迷惑な駐車や二重駐車をしてる客待ちタクシーとかをしっかり取り締まってほしいもの。しかしどう考えても民間委託って難しいだろうね。怖いお兄さんとかに凄まれたりしたら、警察官と違って無理できないもん。